NOSAI広島 文字の大きさ 大きく 小さく
ホーム サイトマップ お問い合わせ
NOSAIの事業
HOME >> 事業紹介 >> NOSAIの事業 >> NOSAIの7つの事業 >> 果樹共済
NOSAIの事業
NOSAIの7つの事業
農作物共済
家畜共済
果樹共済
畑作物共済
園芸施設共済
建物共済
農機具共済
損害防止事業
家畜臨床研修所・家畜診療所
ADOBE READER
果樹共済
 
加入
品種(区分)ごとに5アール以上を栽培されている農家が対象です。
なお、引受方式ごとに加入基準が異なる場合があります。
 
対象となる災害
風水害、ひょう害、干害、寒害、雪害、その他気象上の原因による災害、火災、病虫害、鳥獣害
(肥培管理不足や隔年結果による減収は、災害とみなされません)
 
責任期間
果樹の種類別におおむね次のとおりです。
 
共済金額
組合が、被害を受けた農家に対して支払う共済金の最高限度額のことで、次のように決められています。
○半相殺方式
標準収穫金額×選択割合(6割〜7割(特定危険方式は8割))
  (標準収穫金額=1kg当たりの価額×標準収穫量)
標準収穫量の設定は、標準収量表(果樹の種類等ごとに、樹齢と収穫量の関係を表にしたもの)を基礎に、園地条件・肥培管理・損害評価実績等を勘案して園地ごとに定めます。
○災害収入共済方式
基準生産金額×選択割合(6割〜8割)
○樹園地単位特定危険方式
標準収穫金額×選択割合(5割〜7割)
 
共済掛金
共済掛金=共済金額×共済掛金率
掛金の5割を国が負担します。
●半相殺減収総合一般
 方式
被害樹園地の果実の減収量の合計が、その農家の基準収穫量の合計の3割を超えたときに共済金をお支払いします。
●半相殺特定危険方式
暴風雨・ひょう害・凍霜害による被害樹園地ごとの果実の減収量の合計が、その農家の基準収穫量の2割を超えたときに共済金をお支払いします。
●災害収入共済方式
災害による果実の減収または品質の低下を伴うその農家の生産金額の減少が、基準生産金額の2割を超えたときに共済金をお支払いします。
●樹園地単位特定危険方式
暴風雨・ひょう害・凍霜害による被害樹園地の果実の減収量が、その樹園地の基準収穫量の3割を超えたときに共済金をお支払いします。
 
無事戻し
農作物共済と同じです。
 
Copyright (C)2009 NOSAI HIROSHIMA All Right Reserved.