NOSAI広島 文字の大きさ 大きく 小さく
ホーム サイトマップ お問い合わせ
NOSAIってなに?
HOME >> NOSAIってなに? >> NOSAI制度の特色
NOSAIの事業
NOSAIの7つの事業
農作物共済
家畜共済
果樹共済
畑作物共済
園芸施設共済
建物共済
農機具共済
損害防止事業
家畜臨床研修所・家畜診療所
ADOBE READER
NOSAI制度の特色
 農業は、その生産過程において自然条件に左右されることが最も大きい産業です。
 災害により大きな打撃を受けた被災農家の経営を安定させ、農業生産力の発展に資するため、国の農業災害対策の重要な柱として、昭和22年にNOSAI(農業共済)制度が設けられ、現在までわが国における農業経営の安定に貢献しています。
 NOSAI制度は、国の農業災害対策として実施される公的保険制度です。その仕組みは災害により被害を受けた農家の救済を合理的に行う観点から、地域ごとに組合を設立し、共済掛金を出し合って共同準備財産を造成しておき、災害があったとき、その共同準備財産から被災農家に共済金を支払う、農家の自主的な相互救済を基本とし、これを保険の仕組みにより全国に危険分散することとしています。
 こうしたことから、NOSAI制度は、次のような大きな特色を持っています。
 
1.国の法律(農業災害補償法)で事業実施が義務付けられています
 農業は自然災害に見舞われることが多く、広範囲に発生する可能性が高いために、国の災害対策の一部として全国で実施が義務付けられています。
 
2.国が再保険をしています
 農作物共済、家畜共済、果樹共済、畑作物共済および園芸施設共済について災害が発生した場合、組合は農家に共済金支払の責任があります。この責任の一部を国が保険しているので、大災害でも確実な支払いを行うことができます。
 
3.一定規模以上の農家は自動的に加入となるものがあります
 NOSAI制度を安定的に運用していくためには、母集団を確保し危険分散を図る必要があるために、農作物共済では一定規模以上の農家は当然に加入していただくことになっています。
 
4.共済掛金と組合の運営費を国が助成、負担しています
 国の災害対策の一環としての制度ですので、掛金に対して事業ごとに国が一定の割合を負担しています。(国の負担割合は共済掛金の40〜55%)また、組合の運営に必要な経費も国が助成しています。
 
Copyright (C)2009 NOSAI HIROSHIMA All Right Reserved.
NOSAIの理念 NOSAIを支える人たち NOSAIのしくみ