NOSAI広島 文字の大きさ 大きく 小さく
ホーム サイトマップ お問い合わせ
NOSAIの事業
HOME >> 事業紹介 >> NOSAIの事業 >> 農作物共済
NOSAIの事業
NOSAIの7つの事業
農作物共済
家畜共済
果樹共済
畑作物共済
園芸施設共済
建物共済
農機具共済
収入保険事業
損害防止事業
家畜臨床研修所・家畜診療所
ADOBE READER
農作物共済
 
加入できる農家

広島県内に住所を有し、水稲及び麦の耕作面積の合計が10a以上の農家。

 
引受方式

耕地ごとで補償する一筆方式、農家単位で補償する半相殺方式、全相殺方式、品質方式(水稲)、災害収入共済方式(麦)並びに農家単位で統計単位地域(市町)ごとの統計データを用いて補償する地域インデックス方式があります。

なお、全相殺方式、品質方式、災害収入共済方式については、一定の加入要件があります。

※一筆方式については、令和3年産までで廃止となります。

対象となる災害

風水害、干害、冷害、雪害、その他気象上の原因による災害、火災、病虫害、鳥獣害

◇肥培管理不足による減収は、対象になりません。

◇品質方式(水稲)及び災害収入共済方式(麦)は、上記の災害による減収または品質の低下で生じた生産金額の減少を補償します。

 
責任期間

水稲は、本田移植期(直まきの場合は発芽期)から収穫までです。

麦は、発芽期(移植する場合は移植期)から収穫までです。

◇この場合の収穫とは、適期に刈り取って耕地から搬出することです。

 
共済金額

被害を受けた農家に支払う最高限度額のことで、引受方式ごとに定められています。補償割合は農家が選択できます。

○一筆方式

 

耕地ごとの基準収穫量の合計×補償割合(7・6・5割)×単位当たり共済金額

○半相殺方式

農家ごとの基準収穫量×補償割合(8・7・6割)×単位当たり共済金額

○全相殺方式

農家ごとの基準収穫量×補償割合(9・8・7割)×単位当たり共済金額

○品質方式・

災害収入共済方式

農家ごとの基準生産金額×補償割合(9・8・7割)

○地域インデックス方式

 

農家ごと及び統計単位地域ごとの基準収穫量の合計(基準単収×耕作面積)×補償割合(9・8・7割)×単位当たり共済金額

◇一筆方式以外の方式では、収穫量が5割以上の減少であると認められた耕地について、5割の減収とみなして共済金をお支払いする「一筆半損特約」を付けることができます。

 
共済掛金

共済掛金=共済金額×危険段階別共済掛金率

◇掛金の50%を国が負担します。

◇農家ごとの被害(共済金の支払い)状況に応じて、掛金率の高低を段階的に設定する危険段階別共済掛金率を導入しています。

 
共済金の支払い
●一筆方式

 

被害耕地ごとの減収量が、基準収穫量の3・4・5割を超える被害がある場合に、共済金をお支払いします。
●半相殺方式

 

農家ごとに、被害耕地の減収量の合計が、その農家の基準収穫量の2・3・4割を超えた場合に、共済金をお支払いします。
●全相殺方式

 

農家ごとの減収量が、その農家の基準収穫量の1・2・3割を超えた場合に、共済金をお支払いします。

●品質方式・

災害収入共済方式

農家ごとに減収または品質の低下があり、かつ生産金額が基準生産金額の9・8・7割に達しない場合に、共済金をお支払いします。
●地域インデックス方式

 

農家ごとに、統計単位地域ごとの収穫量が基準収穫量の1・2・3割を超えて減少した場合に、共済金をお支払いします。

◇一筆方式・半相殺方式・全相殺方式・地域インデックス方式

共済金=共済減収量×単位当たり共済金額

※共済減収量=引受収量−収穫量

 
共済掛金

事実と異なる通知をしたときや、被害発生時に組合への通知を怠り、損害評価前に刈り取ってしまったとき等は共済金の支払対象にならない場合があります。

また、通常すべき栽培管理や防除がされていないものは、損害として認められない場合(分割評価)があります。

Copyright (C)2009 NOSAI HIROSHIMA All Right Reserved.