NOSAI広島 文字の大きさ 大きく 小さく
ホーム サイトマップ お問い合わせ
NOSAIの事業
HOME >> 事業紹介 >> NOSAIの事業 >> NOSAIの7つの事業 >> 家畜共済
NOSAIの事業
NOSAIの7つの事業
農作物共済
家畜共済
果樹共済
畑作物共済
園芸施設共済
建物共済
農機具共済
損害防止事業
家畜臨床研修所・家畜診療所
ADOBE READER
家畜共済
 
加入
加入資格
・子牛および牛の胎児・・・生後6カ月未満の子牛および妊娠240日以上の可能性のある胎児
・成牛(育成牛含む)・・・生後6カ月以上
・種豚・・・生後6カ月以上
・肉豚・・・生後20日以上
・馬・・・明け2歳以上
家畜の種類ごとに全頭加入が条件です。
ただし、6カ月未満の子牛および胎児については、加入しないことの選択ができます。
 
対象となる事故
1.一般事故
・加入家畜が死亡、または廃用になったとき。
(牛の胎児については、受精後240日を経過した死亡事故(奇形を含む))
・加入家畜が、病気またはケガをして診療を受けたとき。
・盗難、行方不明等になったとき。
※肉豚の場合の対象となる事故は、死亡事故のみとなります。
2.特定事故
火災、伝染病、または自然災害による事故
 
責任期間
共済掛金が納入された日の翌日から1年間です。
 
共済金額
家畜が死亡したときに、組合が農家に対して支払う共済金の最高限度額のことで、家畜の共済価額(評価額の合計)の2割(肉豚は5割)から8割の範囲内で農家が選択します。
※共済価額
肉豚以外・・・包括共済対象家畜の種類等ごとの家畜の評価額の合計額
肉豚・・・飼養区分ごとの肉豚の価額の合計額
(特定包括共済関係に係るものは、農家の飼養する肉豚の価額の合計額)
 
共済金の支払い
共済掛金=共済金額×共済掛金率
国が掛金の一部を負担します。(牛・馬は2分の1、豚は5分の2)
1.死亡・廃用事故

(乳牛の雌等・肉用牛等、豚については、支払共済金に上限が適用される場合があります。)
2.疾病・傷害事故(肉豚を除く)
加入家畜が病気やケガをしたときは、診療が受けられます。ただし、診療費の累計額が国の示した支払限度額を超えた場合は、農家の負担となります。診療費の支払限度額は、家畜の種類、共済金額に応じて決まります。
 
こんなときには共済金の支払いはできません
1.異動の連絡をしていない家畜が事故にあったとき
2.病気の原因が加入する以前であったき。
3.飼養管理が悪くて事故になったとき。
 
Copyright (C)2009 NOSAI HIROSHIMA All Right Reserved.